患者様のニーズに応える歯科医院 豊洲駅 5番出口 徒歩11分、東京都江東区東雲1丁目9-10、18時以降診療可、土曜・日曜・祝日診療可.

インプラントとは?の解説

ホーム>インプラントとは?

インプラントとは?

関連情報ページのご案内
インプラント治療の流れ最先端治療他の治療方法との比較治療費医療費控除

インプラントとは?

画像の説明

抜いた、または、抜けてしまった歯を元の状態に戻すには、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つの治療方法があります。
なかでも、私たちがお勧めするのは「インプラント」治療です。インプラントはあごの骨にチタン製の人工の歯根を埋め込み、それを土台にして人工の歯を装着する治療方法です。
隣の歯を削らないので、ほかの歯に負担がかかりません。見た目の美しさ、機能的にも優れた最新の治療法です。
このページでは東京 インプラント治療のメリット・デメリットについてご紹介します。

そもそもインプラントとはなんですか?

画像の説明

歯が抜けてしまった場所に、人工の歯根を埋め込み、それを土台にして人工の歯を装着する治療法です。
インプラントはチタンでできています。チタンには骨とくっつく(結合する:オッセオインテグレーション)性質があり、また生体親和性がよく為害性のない身体にやさしい安全な材料。整形外科でも骨折の治療などに使われています。

インプラントの最大のメリットは、"天然歯に近い噛み心地"


画像の説明

従来、入れ歯では食べづらかったおせんべいなども、バリバリと食べることができます。
カケラを詰まらせる心配もないので、嫌な痛みもありません。部分入れ歯やブリッジのように、他の健康な歯を削る必要がないのも、大きなメリットでしょう。
また、インプラントは、普段と同じように歯を磨いておけば、口臭に悩まされることもありません。見た目も天然の歯と同じです。ですから、大きな口をあけて大声で笑うこともできます。

インプラントのメリット

  • 天然の歯と同じように噛むことができる
    インプラントは直接あごの骨に植えていますから、自分の歯に近い感覚で噛むことができます。そのため、ブリッジや入れ歯以上に食事もおいしく感じることができます。
  • 見た目も自然、発音も明瞭に
    入れ歯やブリッジに比べて、見た目が自然です。口元を気にすることなく、大きな口を開けて笑うことができます。また、発音もしやすくなるので、しゃべるわずらわしさがありません。
  • ブリッジに比べて健康な歯を削らずに済む
    ブリッジは隣の歯を少し削る必要があります。しかし、インプラントは直接あごの骨に埋入する治療方法であるため、隣の健康な歯を削らずにすみます。そのため、残っている自分の歯の寿命を延ばすことができます。
  • 他の歯に負担がかからない
    たとえば、部分入れ歯ならバネを両方の歯にかけて固定するため、噛むたびに他の歯に負担がかかってしまいます。その結果、両方の歯が抜けやすくなるといったデメリットもあるのです。ところがインプラントには、こうしたバネはありません。ですから、残っている歯に負担がかからないのです。
  • 掃除がしやすい
    形が天然の歯に似ているので、入れ歯やブリッジに比べてお口のお掃除がしやすくなります。掃除がしやすいと、入れ歯のように口臭に悩まされることもありません。

比較的大掛かりな外科手術が必要


画像の説明

歯ぐきにチタンを埋め込む外科手術が必要「噛む力が強く、自分の歯と同じ感覚がある」インプラントは、多くのメリットを備えた理想的な治療法といえます。とはいえ、インプラントにはいくつかのデメリットも存在します。



インプラントのデメリット

  • 外科手術が必要
    インプラントを埋め込むためには、外科手術が必要です。さらに、通常よりも精度の高いかぶせ物や上質の材料が必要となります。そのため、手術を含めると、比較的、高額な治療費が必要となってきます。
  • 治療期間が長い
    治療期間が他の治療に比べて長くかかります。治療期間は最短でおおよそ4か月から半年ほどで、インプラントの本数が多い場合や骨を増やす処理もおこなう場合などでは、1年以上になることがあります。
  • 誰でも治療できるわけではない
    誰でも治療できるというわけではありません。糖尿病などの全身疾患がある方は、インプラント手術ができない場合もあります。

関連情報ページのご案内
インプラント治療の流れ最先端治療他の治療方法との比較治療費医療費控除

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional