患者様のニーズに応える歯科医院 豊洲駅 5番出口 徒歩11分、東京都江東区東雲1丁目9-10、18時以降診療可、土曜・日曜・祝日診療可.

インプラント治療の流れの解説

ホーム>インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

関連情報ページのご案内
インプラントとは?最先端治療他の治療方法との比較治療費医療費控除

インプラント治療の流れ

画像の説明

インプラントの治療期間は、最短でおおよそ4か月から半年ほどになります。その間は、だいたい1週間から3週間ごとにご通院いただく流れとなります。ただし、患者さまのあごの状態や、歯周病などの有無によっては、さらに半年から1年程治療期間が長くなります。

このページではインプラントの治療の流れをご説明します。

検査診断と治療計画

一般審査

画像の説明

全身状態の問診、口腔内チェック、レントゲン・CT画像撮影などによる十分な審査診断をおこない、治療計画についての説明を受けます。

前処理

虫歯や歯周病の治療をおこない、インプラント治療がおこなえる口腔状態にします。

画像の説明

インプラント手術

フィクスチャー(人工歯根)埋入

画像の説明

歯の根に相当するフィクスチャーをあご骨に埋入します。虫歯や抜歯の治療時と同様に局所麻酔のみで手術をします。術中ほとんど痛みは感じません。

治療期間(3か月~6か月)

骨とインプラントがしっかりと結合されるまでの治療期間を設けます。※治療期間は骨の質などにより個人差があります。※この間、必要に応じて仮の歯を入れることがあります。

画像の説明

人工歯の取り付け

アバッチメントの連結

画像の説明

人工歯の支台となるインプラントの部品(=アバッチメント)をフィクスチャーに連結します。

人工歯の装着

インプラントを含めたお口の中全体の印象彩得(型をとること)をおこないます。その型に従い人工の歯を作製します。その後、アバッチメントの上に人工歯を装着して完成です。

画像の説明

メインテナンス


画像の説明

メインテナンスインプラント治療終了後、インプラントを長持ちさせるためには適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。担当医の指導に従い正しい歯みがきを心がけてください。また、半年に一度、定期検診を受けていただき、インプラントの状態を観察していきます。


関連情報ページのご案内
インプラントとは?最先端治療他の治療方法との比較治療費医療費控除

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional